<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
立春朝搾り
普段は歩かない道を通ると、思わぬラッキーに出逢うことがある。

1月末、繁華街のめったに通らない道を、用事のために急ぎ足で歩いていたら、ふと目の端にこんな文字が飛び込んで来た。

「立春朝搾り」

???
何のことかも分からないまま、気になって急ぎ足にブレーキかけて立ち止まる。

そこは酒屋さんでした。
赤い幟や案内のPOPなど、店頭のあちこちに「立春朝搾り」の文字が。

どうやら「立春朝搾り」は、春を迎える祝い酒。
立春の早朝に搾りあがった純米吟醸の生原酒を、お祓いをうけて、その日のうちに出荷するのだそう。
無病息災、商売繁盛、開運祈願などなど、福を呼び込む縁起の良いお酒なのだとか。

もう、それ聞いただけで美味しそう!
朝搾りたてのお酒を、その日に飲める機会なんて滅多にありません。
しかも立春を祝うお酒とは。

2月4日、立春は旧暦のお正月。春が立つ日。
大事な節目の日なので、私も毎年お祝いしています。

といっても一般的には、前日の節分ほどには知名度高くないので、
豆まきだとか、恵方巻きだとか、みんなに幅広くなじんだイベントみたいなものはなくて。

もちろん節分も大事な日で、節目を祈るための依代としてイベントがあるのはいいことだと思う。
ただ、こんなに節分が人気(笑)なら、立春も同じくらいみんなに幅広く祈られてもいいんじゃないかと。
大晦日だけ祈って、お正月はスルーって何となく片手落ちな感じがしてたのです。

…とか、うすうす思っていたところに、この出逢い。
旧暦お正月を祝うのにぴったりなものが入手できる!と大喜び。

お店の方に伺ったところ、このイベント、酒屋さんの世界では、20年くらい前から行われているみたいでした。
酒屋さんと、ご縁のある地元の酒蔵さんがコラボしないと開催できないので、どこでもやってる訳ではないけど、やってるところはやってる。とのこと。

そっか、朝搾りを昼頃までに店舗に届ける必要があるので、近くで懇意の関係がないと難しいよね。
私はお酒をそんなに飲まないので、酒屋さんに行く習慣がなく。だからこれまで目にしたことがなかったのかな。
そうしてお話してる間にも、入ってくるお客さんのほとんどが、朝搾り酒の予約に来られていて(予約限定瓶詰めです)。
お酒好きの方にはメジャーな立春イベントなのかもね。

おそらく、節分の恵方巻き的に盛り上げようと(?)どこかから発案されたのではと思いますが、個人的好みとして、恵方巻きはあんまり興味ないけど、立春を祝うお酒は大歓迎。

そしてこの酒屋さんがコラボしてる蔵元さんが、広島では私の好きな蔵元さんだったのも嬉しい偶然。
さっそくイソイソと予約して、立春の日を心待ちにしてました。

そして当日!
占猫開店前に酒屋さんで朝搾り酒を受け取って。
旧暦お正月の仕事始めを張り切ってお仕事して。
そして、ついに。それを飲む瞬間が訪れました。

うっまーーーーーいっっっ!

まず香りが尋常ではなく。華やかでフルーティーで、しかも搾りたてなので勢いがある。
ふわっと香るというよりは、パーーーンっと放たれたような。
そしてもちろんフレッシュ。さすが朝搾り。爽やかでキレがあって、スルスルとすいこまれるように身体となじむ自然なあじわい。
後口も心地よく、ふわりとした酔い心地だけを残して、重さを感じる要素は一切なく。

私は日本酒の味わいは好きなのですが、醸造酒が身体に負担らしく、量が飲めません。
身体って正直で、自分に合った酒じゃないと重く感じて、おちょこ2杯くらいで動けなくなります。
普通にコキュコキュ飲める日本酒は限られていて、今までに3銘柄くらいかな。
それが、このお酒はスルスルと身体に自然に美味しく入っていくのです。

いやはや、本当に素敵なモノを見つけたなあと自分を褒めながら、また一献。

あのときあの道を行かなければ、今年はこのお酒に出逢えなかった。
急いでいたから、目の端に気になっても、もしスルーしてたら出逢えなかった。

知らない道や場所に行くのって、やっぱ大事だな。
そして急いでいても、気になったものや気づきがあれば、ちゃんと立ち止まろう。
丁寧に人生をひとつひとつ体験して味わおう。

ほんわか酔い心地でそんなことを思った、立春の夜。

立春朝搾り、これから毎年、旧暦お正月を彩ることになりそうです。
寒中お見舞い申し上げます。
あっという間に2018年になりましたね〜。
もう1月も半分以上すぎて、ようやく年始のご挨拶です(汗)。
どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

お正月には年賀状やメールなどを、たくさんありがとうございました。
今頃からようやくゆっくりお返事させていただいてます。

実は昨年末に、父が他界しました。

まだ年末ブログ書いた頃には、直後でご報告する気分になれなくて。
その時期にセッションのご予約を入れて下さっていたお客さんには、キャンセルのお願いの際にご報告差し上げましたが(突然のキャンセル申し訳ありませんでした)、その後も嵐のように忙しく、ほとんどの方には連絡する間も無く、そのまま年始に突入して今に至る次第です。

ようやくこのたび四十九日も終わり。
相変わらずドタバタ感満載ですが、こうしてキーボードに向かうくらいの余裕はできたのかな。

父の不在は、これから寂しくなったりするかもだけど、今のところわりと冷静で。
ずっと昔、母が亡くなった時のような悲しみにくれる感じではありません。

そもそも私が東京から広島にもどって来た理由が、父の不治の難病のためだったので、当初からどこかでは気持ちの準備ができていたのかも。

私が生まれてから、ずっと存在していた人がこの世界からいなくなった、という空虚感?空白感?みたいなものはあるけれど。
あ、そっか。もうこれで私の家族で、私が生まれる以前から存在していた人は誰もいなくなったんだ。
私が先頭に立っちゃったのか…。しみじみ。これも初めての経験。

もともと広島に来たきっかけとなった役割が終了し、
同時に、自分よりも前を歩く、背中をみせてくれる家族がいなくなったことで、
今年の初めから、私の人生が新たな段階に入ってきたなあという感覚があります。

ああ、やっぱり書くといいね。自分の思ってることが自然に言葉になっていく。

なんというか、本当の意味で自立していくのだなあと。

ほんとうの大人になる。

もちろん年齢的には、ずっと前から大人なんですけど(笑)。
でも、一番奥ではいろんなところに寄りかかっていて、今思えばあんまり自立してなかった気がする。

たとえば、私がこの広島にいる存在理由を、今までは「父の介助のため」という外側の理由に漠然と寄りかかっていたけれど、実際には、私自身がこの道を選んだからここに存在するわけで。

そこから観てみると、これからの私はどうなっていきたいのか。自然に意識の方向性が変わってくる。

意識のベクトルが、今までは横に広がっていたけど、頭上に向けてすっくり伸びていく感じ。

2018年を迎えるのと合わせたように、新しい段階に入り、次の世界を垣間見ているような。

実際、オトナなことやってますよ〜。
普段は関わらない役所だとか法律だとか、社会一般の世界を体験しつつ、いろんな古いものを手放し中。
それはモノはもちろん、思考パターンや行動パターンも。
新しい作物を植えるために、畑を掘り起こし、耕しているような感覚。

と、いまは自分の目前の現実を片付けるのに一所懸命ですが、
時折、目の前の作業の手をとめて、ふと顔をあげて世界を眺めたら、
なんだか不思議なことに、世界全体も同じように、大きく水面下で変容しているのを感じ取れる。

ああ、いま私が家族の形や環境、私の在り方などを新しく構築しているように、世界も新たなものを築こうとしている。

そっか、世界がこうだから、私もこうなんだ。と思う。
世界に起きているエネルギーの形を、相似的に個人で体験中なのだ。

としたら、今年はいろんな面で新しいことが起こりそうな予感。
自分的にも世の中的にも。
みんなそれぞれの人生の中で、新しい時間を創りあげていくのでしょうね。

果たしてどんな年になっていくのか。ワクワク楽しみです。
どうぞ今年もよろしくお願いいたします。
今年も素敵なご縁が、ますます繋がっていきますよう。
「基町ワールドカーニバル」出店御礼!


クリスマスイブに開催された「基町ワールドカーニバル」に参加してきました〜。
予想どおり、とっても楽しい時間を過ごすことができました!

こういうイベントに出店するのは本当に久しぶり。
というか、ブースで出店してセッションするのって、東京でリーディングを始めたばかりの頃以来かも。もう10年以上ぶり?

普段は店に引きこもってるので(笑)たま〜に参加すると、素直にテンション上がります(笑)。

布とか看板とか搬入して、テーブルセッティングして…という、一連の作業が新鮮で。
さすがに空ちゃんと蓮ちゃんは連れてこれなかったので、彼女たちをモデルにした編みぐるみ(クリスマスバージョン)を持参して飾ってみたり。

お客さんはあらかじめご予約の方と、イベント会場で飛び込みの方と半々くらいだったかな。
いつもと違う、禅タロットの視点からのメッセージ。
口から発してみると、これも新鮮な感覚で。
「あっ、こういう切り口から語るんだ」「なるほど、そうくるか。新しい!」
と、おかげでさまで私もセッションから、いろんな刺激を受け取らせて頂きました。

セッション自体、いつもよりは予約の間隔を空けてのんびりモード。
ちょっと時間があるとすぐ休憩とって、ステージのお芝居などを観にいったりしてたので、ブースにいた時間は実は少なかったかも(笑)。

出演者やお客さん、スタッフの方にも友人知人顔見知りが多く、
久しぶりに会えた方と近況報告しあったり、ゆっくりお話しできたりするのもイベントならでは。こういう場所でしか会えない人たちもいるしね。
まるでどこか砂漠のオアシスや宿場町で、定期的に開催される市場にみんなが寄り集まってきて、情報交換するような。

朝から晩まで、いろいろ盛りだくさんでお祭り気分をたっぷり味わえました。

何といっても、たくさんの人たちが集まって一つのイベントを作り上げていく、あの温かい雰囲気に当事者として浸れたのが良かったな。

そんなこんなで、めったにないコトなのに写真を撮るのさえ忘れていて。
仕方ない、イベントに持っていったクリスマスバージョンの空&蓮の編みぐるみの写真を載せて、今回のイベント参加御礼の締めとさせていただきます(笑)。

あの場を共有した皆様、楽しい時間をありがとうございました!

さてさて、これを書いている本日、もう年末もかなり押し迫ってまいりました。
きっと今年最後の日記になるかと思うので、ご挨拶。

今年も皆様には大変お世話になりました。
たくさんの方との出会いがあって、ご縁をいただけて、本当に幸せ者だと思います。

そして欲張りなので(笑)、今まで出会った方とも、まだ出会ってない方とも、来年も素敵なご縁がいっぱい繋がることをワクワク楽しみにしています。
どうぞ新しい年もよろしくお願いいたします。

皆様の新年が素晴らしい時間となりますよう、心よりお祈り申し上げます。
良いお年を!
「基町ワールドカーニバル」に参加します☆
えー、突然ではありますが。
今月12月24日(日)にNTTクレドホールで開催される、
「基町ワールドカーニバル」に参加させていただくことになりました。

ショーや劇、大道芸、音楽などエンターテイメントてんこもり!
さらにフードや物販のマーケットブースも充実。
フリーパスチケット2000円で1日中出入り自由の、楽しいお祭りイベントです。

占猫は、そのマーケットブースの一角に、タロット屋さんとして出店します。

基本、横川のお店に引きこもってる日々ですが、
ヲルガン座のイズミさんが、そんな私をひっぱり出してくださって。
たまーにこういう事をさせてもらうと、とっても刺激になります。
本当にありがとうございます。

で、こういう時こそ、いつもとはちょっと違うことがしたくなります。

もちろんタロットやるんですが、普段使ってるトートタロットではなく、禅タロットという、ちょっといつもと味わいの違うカードを使ってみようかと。

これ、めったに使いません。いつもは自分の瞑想用。対面セッションに使うのは2回目かな。
何年か前にチャリティーイベントで、短時間のセッションができないかと相談されて、試しにやってみたら面白かったという。

トートは細かく繊細に内面を意識化させていくツールですが、
禅タロットは、シンプルで高い視点からのアドバイスが来る傾向にあります。
禅、というくらいで「喝!」という感じかも。

なので、トートは1時間くらいかかりますが、
禅タロットは20〜40分くらいの間には終了するので、イベント向きでもあります。
料金も一律3000円とイベントっぽく。

時間的にも料金的にも気軽にお試しできます。
もしお友達やお知り合いの方で「興味あるけど、店に行くにはちょっと…」とか躊躇している方がいらしたら、ちょうどいい機会なので、是非オススメしてみてね(笑)。

もちろん、すでに占猫を体験している方にも面白いと思います。
いつものセッションとは違う視点からのメッセージがやってくるので、
利き酒ならぬ利きタロット(笑)、違いを味わってみてはいかがでしょう。
…という利きタロット希望の方から、すでに何名かご予約を頂いております。ありがとうございます。

セッションのご予約をいただいて、
イベントのフリーパスチケット、入場料2000円も占猫でご購入くださった場合、
セッション3000円のところ、なんとイベント価格2500円に!(笑)。

「えー、当日まで占猫にチケット買いに行く時間がないよ〜」という方もご安心あれ。
あらかじめご予約メールをいただいたら(セッション希望時間もお問い合わせくださいね)、当日受付でチケット購入できるように手配いたします。

セッションはもちろん、いろんなパフォーマンスやエンタメもぎゅう詰めなクリスマスイブの一日を楽しんでくださいませ。

せっかく参加するイベント、いっぱいの人に来てほしくって、ついつい熱く宣伝しちゃいました(笑)。
素敵なイブの時間をどうぞご一緒できますように。

ほんと、禅タロット、久しぶりだな〜、何しゃべるのか私もワクワクしています。
それでは、ご予約&お問い合わせ、楽しみにお待ちしてますね!
2017年11月、東京出張セッション御礼
お久しぶりです。
11月末に広島に戻ってきました。
そこからいろいろバタバタしていて、ようやくひと段落したところです。

さてさて、先日の東京セッション、短期間ながらも沢山の方とお会いできて、とても素敵な時間を過ごせました。心からありがとうございます。

もとはといえば、下北沢時代の常連さんの定期検診的な感覚ではじめた出張でしたが、
最近は転勤や結婚などで移転した占猫のお客さんや、
広島の親戚や友達の紹介で来られる新規の方など、
いろんな出逢いがあって、ますますバラエティに富んだ楽しい出張となってます。

今回は新規の方に男性が多かったのが印象的でした。
最近は広島でも男性のお客さんが増加傾向なんですよね〜。
これも時代の流れなのかな、と思って今後どうなっていくのか愉しみなのです。
何年ぶりかにセッションするお客さんとの再会も嬉しかったなあ。

また今回は高円寺の「ガンバラネBAR」というお店でのイベントセッションも開催され、とてもエキサイティングな一日となりました。
お店の方にも大変お世話になりました。
楽器がそこかしこに置かれている(ピアノもあった!)、音楽に充ちた空間でした。
そこで友人が作ってくれたファラフェルも美味しかったし。

などなど、セッションはもちろん、その周りで起きてくる様々な出来事や出会いも面白くて、東京生活を堪能させていただきました。

とかなんとか、今まで書きそびれてたのに、書きはじめたらキリがない(汗)。
毎回こんな風に楽しい時間を過ごせるから、またまた行きたくなるのでした。

次回も流れが来たら、東京セッションお知らせさせていただきます。
今回来てくださった方も、お会いできなかった方も、まだお会いしたことのない方も。
不思議なご縁がつながって、出会える時を楽しみにしてますね。

まずは御礼がいいたくて。
本当にありがとうございました。
出会えたすべての人や出来事に感謝します。
11月東京セッション、予備日も追加開催決定!
先日の告知後、たくさんの先行予約をありがとうございました。
おかげさまで、予定していた11月25日(土)〜26日(日)の2日間は、
満員御礼となりました。
(この2日についての今後のお問い合わせはキャンセル待ちとさせていただきますね)

本当にあらためてありがとうございます。
こんなタイトなスケジュールの中で、ご都合あわせていただけて嬉しいです!

そして、なるべく皆さんにお会いしたくて、いろいろ調整した結果、
27日(月)も開催することになりました!

この日はちょっと趣向を変えて、お友達のお店でイベント風に開催します。

ちょうど11月から、友人がBARの昼の空き時間にファラフェル屋さんをオープンしました(私たちが下北沢でやってた「CURRY TAROT CAFE」みたいですね!)。
それでオープン記念イベント的(?)に、お店の一角をお借りしてセッションすることに。

まだ日本ではあまり知られてませんが、ファラフェルはイスラエル発祥のひよこ豆のコロッケ。美味しくって、かつヴィーガンの人にも安心なヘルシーフードなのです。
私はこの友人がつくる、ファラフェルとフムス(ファラフェルにつけるディップ)が大好物〜!
イベントにかこつけて、久しぶりにファラフェルを堪能しよう!という目論見なのです(笑)。

現時点での27日(月)の空き枠情報です。今のところ3枠あります(60分または90分。応相談)。

15時〜、
16時半〜、
18時〜、

この日時でちょうどタイミングが合う方がいらしたら、きっとお会いする予定ですね(笑)。
どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

空き枠に変動がありましたら、HP「タロット&数秘術な小部屋」で随時更新します。

ayutaya-hompo@@ezweb.ne.jp(@を一つ削ってくださいね)
こちらにご連絡いただけますようお願いいたします。
最近、差出人が表記されない場合があります。本文に電話番号かアドレスを念のために入れていただくと安心です。お手数おかけします。

そうそう、場所は新高円寺の駅から青梅街道沿い、徒歩5分ほど。
「ガンバラネBAR」
杉並区梅里2−16−9

お店なので、ドリンクかフードをワンオーダーお願いしています。
(個人的にはファラフェルがオススメ〜。セッション後にでも☆)
よろしくお願いいたします。

初めての方は、システムや料金がわかりにくいと思います。
前のトピック「東京セッション先行予約のご案内」からその部分を以下引用します。
どうぞご参照くださいませ。

みなさまとお会いできるのを、心から楽しみにしてますね!

☆☆☆

「時間と料金について」
料金は出張料金の10分1500円でお願いしています、いつもありがとうございます。

所要時間は相変わらず決まってませんが(笑)、
タロットだけ(あるいはこれまで私の数秘のセッションを受けたことのある方はチャートをご持参いただければ、合わせてセッションします)だと60〜90分でお時間おとりしています。

これまで経験のある方は基本60分でおとりしますが、
久しぶりの方や「今までの経験上、長くかかりそう」と思う方は90分をご希望くださいませ。
初めてのタロットの方も90分おとりします。

初めての数秘術は120分必要なため、27日(月)は難しいかもしれません。
もしもご希望でしたら、状況次第で応相談です。あらかじめお伝えください。

以上、よろしくお願いいたします。
リーディングのご感想ありがとうございます。
いつもご感想ありがとうございます。
今日はMさんからのメールをご紹介させていただきますね。

☆★☆★☆

こんにちは。日曜日にセッションしていただきましたMです。
今回も自分ではまったく思ってもみなかった、でも実に本質的で的確で「いままさに必要な」メッセージをお伝えいただきありがとうございました。

「待ちの姿勢」「すぐ引いてしまう」「すぐ他人にゆずってしまう」等々、
自分なんかが自己主張してはいけないんだから……という小さいころからの自信のなさ。
それを見つめなおすために、予定を過ぎても就職試験の合否連絡がないことだとか、直接自分の側から相手に真意を聞く必要がある出来事だとか、そういう一連のイベントが起こっているのだというお話、すごく腑におちました。

そんな話をした翌日も、ネガティヴな提案をされたとき自動的に「あ、わかりました……」と引いてしまう自分を発見し。
改めて自分を大切に、楽しく、幸せに、自由にしてあげないといかんな〜と思いました。

そしたらその晩、就職採用の知らせが来たのですよ!しかも予想外の好条件で!

前回のセッションで仕事のところに「宇宙」が出ていて(占いはできませんがカードの名前くらいならわかるのです)、
すべては予定通りで、ひとつの終わりに向かっている。だから、きちんと終わらせなければいけない、そうしないと新しいことが始まっていかないと言われました。
そのときは何が終わるんだろう、恐ろしい〜と思っていましたが、フリーター生活が終わるんだったのか!

ここ数年の流れ、仕事のスキルアップ、自分の内面的な課題とその克服を振り返ってみると、苦労もありましたが、それはすべてさらにパワーアップし成長するための学びの機会でしたし、数年前からは考えられないほど、どんな状況でも楽しく過ごせる力がつきました。

前々回のセッションでは、「楽しむことを最優先しましょう!どんな状況でも楽しく過ごせるように、それが必要になるから」と言われたんですよねー。

いままさに満を持して階段を一段上がった感じがしています。

すべて必要なことが完璧に必要なタイミングで起こっていたんだなあ、と宇宙に向かって感謝したくなりました。

今この、どっしりした自分だからこそ、好条件ゆえに難易度も高い仕事にもひるむことなく、自然に、すっぴんで(これは初回に言われたこと)、前向きに楽しんでゆけるだろうと思います。

あゆたやさんのところでいつも宿題をもらい、それをがんばってきたことが素敵な成果に結びつきましたし、なにより、いつでも自分を幸せにできる方法が自然に身に着きました。心から感謝しています!

それにしてもタロットって本当に怖いくらい当たりますね〜一体どうなってるんですかね?

最初、あゆたやさんのところに行こうと思ったのは、あるお店でチラシを見かけて、デザインがよかったからなんですよ〜。
それでも実際に予約とるまでちょっと迷いました。怪しかったら困るから……

ネット経由で知っても、おそらく疑って(笑)店にはたどり着けてなかったんじゃないかなー。

あゆたやさんは、リーディングの結果を「自分自身から来た手紙だと思って聞いてください」といつもおっしゃっていて、

ぜんぜん押しつけがましくなくて、こちら側に受け取る裁量がゆだねられているところがとても好きです。

そうやっていつも、お金とか結婚とかいった世間一般の価値観とはまた別次元の、つまり魂がほんとうに光り輝く方向についての、私のためだけの物語をじゅんじゅんと語って聞かせてくれます。なんという贅沢!

怪しげな壺を売りつけようとする気配はみじんもありません(笑)

たぶんこの世の中で自分の周りに起きることのすべてはメッセージに満ちていて、

ときたまふっとそれらに気がつくこともあるけど、たいていは多くのサインを見逃してしまっているのだろうと思います。

タロットでは、自分をとりまく運行状況が、カードの絵柄の組み合わせによって一気にバッと見えてくるんですよね。
それはいつも本当にエキサイティングですし、そうやって、わたしがとりにがしてしまっていたメッセージを、セッションでは明確に受け取ることができます。

要するに、わたしにとってあゆたやさんのタロットは、占いというより、目に見えない部分のメディカルチェックなのだろうなと思います。
紀元前のひとたちが行っていたような、すごくナチュラルで、プリミティヴな、無意識との交信。
あゆたやさんの力を貸してもらって行う、自分自身との大切な対話の場所であり、時間です。

それでは今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

☆★☆★☆

Mさん、ありがとうございます。
壺を売りつけないこともアピールしていただいて(笑。私がアピールしても尚更怪しいだけですからね〜)。

そして、あのセッションの直後、念願の採用が決まったこと、本当におめでとうございます。
それまでの結果が、わかりやすい形で顕現化されたのだと私は思いました。

Mさんは今は就職で遠方にいらっしゃるのですが、広島にいる間はだいたい半年に1度くらい、まさにメディカルチェック的にご来店いただいてました。

タロットのメッセージは人によって個性があって、お伝えする内容も様々ですが、Mさんに届くメッセージは、いつも宿題があるようなのです。
そしてMさんはその宿題をこなしてから、次の言葉を受け取りにこられます。
「前回の宿題ができるようになったら、こんな変化が人生に起きてきました!」
と、来られるたび、ますます活力あふれていく様子のMさんに、いつも感銘を受けていました。

タロットは「今、聴くといいこと」を伝えてきます。
それはつまり「今なら実際にできること、理解できること」ともいえます。

1年前の自分にはできないことでも「今ならできるでしょ?」と。
Mさんには、そういう課題をいっぱいお伝えすることが多かった気がします。

いっぺんにこんな沢山の課題を言っちゃうの?と側からみている翻訳係の私は思いますが、魂の方も、Mさんならこのくらい大丈夫、と踏んでるのですよね。
タロットはその人に合った、完全にパーソナルな話しかしないのです。

Mさんがおっしゃるように、タロットはまた、お金とか結婚とかの相談をしても、(特にMさんのような方には)ちょっと別次元の視点から答えがやってくることが結構あります。
でも実は、そういった現実的なことにベストな対応をするためには、場当たり的な目先の話でなく、別次元の視点が必要なのでしょう。

たとえば、いくら痩せるために激しい運動をしても、自分の根本の恐怖から逃れるために真夜中に大量のスナック菓子を食べる癖があって、それを見ないふりをするなら、抜本的な解決にはなりません。
つまりこの場合、痩せるためには「恐怖の根源」と向き合う必要があるわけです。

こう聞くと、とても遠回りな感じがするかもしれませんが、実際には近道みたい。
コツコツと宿題をこなした結果、Mさんのように前々から念願の、狭き門のお仕事を手に入れた方もいらっしゃる。

あ、これは勿論「宿題を頑張ったら願望が顕現化する」という話ではありません。
今やるといいこと、をやったことによって「その人にとってよりベストな状況が訪れた」ということです。

もし、その念願の仕事がMさんの今後にとってプラスでなければ、不採用だったのではないでしょうか。
現実化したということは、その仕事が相応しいものだったのでしょう。
「予想外の好条件での採用」と書かれてましたが、私は今のMさんに見合った条件だったのだと思います。

そしてMさん、ちょうど久しぶりに広島に来られるとのことで、つい先日セッションのご予約をいただきました。
就職されて初めてお会いするので楽しみです。

というわけで近くお会いしますが、今度はどんな宿題がやってくるのでしょう。
私も楽しみにしつつ、通訳させていただきますね!
2017年11月、東京セッション先行予約のご案内
突然ですが、東京出張セッションのご案内です。

11月に研修のため関東方面に行くことになり、せっかくなのでその際にちょこっと東京セッションを開催させていただきます。
もしタイミングが合いそうでしたら、久しぶりにお会いできれば嬉しいなあと思っています。関東在住の皆様、よかったらご検討くださいね。

それで、まず先行予約を受け付けています。

今回は11月の25〜26日(土〜日)の2日間です。
あと予備日として27日(月)も検討中です。
月曜日ご希望の方が多ければ開催させていただきます。

会場は全て錦糸町( JR・半蔵門線の駅から徒歩5分)になります。

この中でご希望の日時などをざっくりお伝えください。
これからスケジュール立てるので、できるだけ大まかだと助かります。
(日曜ならいつでも、とか18時以降ならいつでも、とか)

だいたい10時〜20時くらいまでを考えています(応相談)。

時間と料金については、
料金は出張料金の10分1500円でお願いしています、いつもありがとうございます。

所要時間は相変わらず決まってませんが(笑)、
タロットだけ(あるいはこれまで私の数秘のセッションを受けたことのある方はチャートをご持参いただければ、合わせてセッションします)だと60〜90分でお時間おとりしています。

これまで経験のある方は基本60分でおとりしますが、
久しぶりの方や「今までの経験上、長くかかりそう」と思う方は90分をご希望くださいませ。
はじめてのタロットの方も90分おとりします。

はじめて数秘をやりたい方は2時間必要です。
はじめてタロットと数秘の両方をご希望の方は3時間です。
もしご希望でしたら、あらかじめお伝えくださいね。


そして申し込みのご希望をなるべく考慮してスケジュールを組み(希望日時が重なったときは、先着順です)、その後、決定日時と会場の住所など詳しい内容をメールさせていただきます。

急で申し訳ありませんが、先行予約は11月1日(水)までにお願いできればと思っています。

もちろん、それ以降のお申し込みも大歓迎ですが、スケジュール確定後の空き枠の募集になります。

ご予約&お問い合わせの連絡は以下の携帯のメルアドに送っていただけると助かります。
 ayutaya-hompo@@ezweb.ne.jp
 (送る時はお手数ですが、@マークを一つ削ってメールしてください)

不明点があれば、気軽にお問い合わせくださいね。
どうぞよろしくお願いします。

お友だちなども興味をもたれた方がいらしたら、ぜひお誘いがあわせの上、遊びにきてくださいませ。
不思議なご縁がつながって、お会いできるのを心から楽しみにしてますね。
オペラ座の怪人
劇団四季「オペラ座の怪人」の広島公演に行ってきました。
約2ヶ月のロングランの半ばすぎ、平日の昼間だったのに、かなりの混雑っぷり。
人気の高さがうかがえます。

「オペラ座の怪人」、初めて観ました。
ミュージカルの王道みたいな演目ですが、王道だけあってやっぱり面白かったです。

そもそも劇団四季という存在が、日本ではストレート直球に王道。
王道劇団の王道演目。王道の良さを堪能した、と申しましょうか。

豪華絢爛な舞台と演出に、選び抜かれた役者さんの迫力ある演技。
これでもか!というくらいボリューム満点。
圧倒的なエネルギーが客席にぐんぐん迫ってくる。

演技や歌や踊りに磨きをかけ、鍛え抜かれた30人くらい(!)の出演者が、入れ替わり立ち替わり、きらびやかな衣装を身につけ、歌って踊りまくる。
2階席にいても、その声の振動や演技の波動が、空気を伝わってビンビンに感じられる。
顔の産毛を震わせるような。身体中の体液にさざなみが立つような。

舞台もてんこもりにゴージャスです。セットも照明も音響も。
小さい劇団だと、おそらく予算的にこんなセット作れないだろうな。
こんな別世界を実現化できるのが王道のいいところ(もちろん小劇団も好きですよ〜。王道とはまた違う魅力です)。

その場にいるだけで、一気に別世界〜今回はオペラ座ですね〜に連れていってもらえます。

2階席でこれだから、1階の最前列なんかすごいだろうなあ。
こんど観たい演目が来たら、S席にしてみようかな〜。
S席、ちょっとチケットが高いので勇気がいるけど、それだけの価値があるのだと思う。
ストリップでも最前列のかぶりつきと、後列の席では味わいが違うものね。

ちなみに、私はたいがい3000円のC席です、最後列。
それでも迫力を味わえるのが、劇団四季のすごいところ。

ミュージカルは席料高くて手が出ない、と思ってる人が多いけど、C席なら行けそうでしょ?
席数が少ないのですが、直接四季に連絡したら入手しやすいかと思います。
お金はないけどハイクオリティな芸術は観たい、という方にオススメですよ。

そんなわけで、正統派のミュージカルを堪能し、観ている側のエネルギーをも掻き回され、突き動かされた、エキサイティングなひと時でした。
まるで運動したあとのようなスッキリ感と、微妙な気だるさのある充実感が心地よく。

ホールを出てみたら、久しぶりの青空とのどかな雲。
すっきり晴れ晴れした心地が、清々しい秋空とリンクしたように思いました。
氏神さまがやってきた。
本日台風接近により大雨。かなりの激しい降りっぷりです。
選挙の投票への影響も気になるところですが、もうちょっとローカルな話をすると、
今日は、私が住んでいる町の秋祭りの日。
いつもなら大人と子どものお神輿2台が出て、それぞれに町内を巡ってもらえます。

でも、さすがに今日の天気では無理だろうな。と思いました。

念のため、前夜にご祝儀など準備しつつも、半分以上あきらめてました。
が、朝になってみるとザーザー降りの雨の中、前触れの宣伝カー(?)がやってきて
「子ども神輿は出ませんが、大人神輿は出ます」というではないですか。

本当に、豪雨の中、たくさんの方に担がれて、お神輿が巡ってきました。
うちの家の前で「わっしょいわっしょいわっしょい!」と言祝いでくださり。
お神酒やお供えのご下賜もあり。

うーん、すごい。町内会の皆さまの御尽力には頭が下がります。
この雨の中、お神輿にのって氏神さまが家までお越しくださるとは。
豪雨の中のご降臨、印象深い思い出になりそうです。
また少し、氏神さまとのご縁が深くなったのではないかと。


いつの頃だったか、
あんまり神仏関連のことに興味のなかった若い頃。20歳ごろ?
バイト先で知り合った年配の方に「氏神さまは大切にしたほうがいいよ」と教えてもらいました。

以来、住まいを変えるたび、氏神さまにだけは挨拶を欠かしません。
そして祭りの時とか、たまーに(なんせ興味がなかった時期なのでご勘弁を)おまいりに行ってました。
あと、遠方の友人の家に泊まりに行ったときなど、氏神さまの場所を確認して、
時間に余裕のあるときはできるだけご挨拶に伺うようにしています。

スピリチュアルに興味がない頃からの習慣なので、「なんでそこだけそんななの?」と当時はよく言われたものです。
私も今思えば不思議だけど、なんだかしっくりきたのですね。
「氏神さまは大切に」というフレーズが(笑)。すうっと心に入ってしまった。
心にすうっと入ったら、理屈じゃなくて納得できるみたい。

その頃、わりとひねくれてたので、有名で大きな神社に抵抗があったようです。
たとえば、その土地の人が初詣に行くようなとこ。
無駄にきらびやかで派手じゃん!と思ってたような(笑。幼い。今なら美しいと感じますが)。
それで、その年配の方に「初詣とか意味あるのかな〜、お賽銭とかでお金儲けして綺麗にしてるんでしょ?そういうとこに行くのもちょっとね」みたいなことを言ったんじゃないかと(笑)。

そしたらその人が
「たとえ神社の人がお金儲けしてても、神様は関係ないでしょ(笑)。まあでも、大きい神社が嫌だったら、家の近所の氏神さまに行けばいいよ。派手じゃないし、身近だから氏子の一人一人を大事にしてくれるよ」と。

おそらく当時は「氏神さま」という存在さえよく知らなかったと思うけど、大きな神社へのよくわからない反抗の受け皿的な感覚で、「私は氏神さまに行くんだ」といきがってたのではないかと思います。
時おり、氏神さまが大きな神社だったりしましたが、それはそれで殊勝にお参りにしてましたね〜。

でも実際、氏神さまと関わるのは悪くない感じがしてました。
その頃、メジャーよりマイナー好き、という傾向にもフィットしたし(笑)、
大病院ではなく、近所の診療所に私のことを把握してるお医者さんがいつもいらっしゃるような。そんなほっこりした安心感もあって。

あるとき遠方に住んでる弟が、転居したときのこと。
「なんか引っ越してから、いろいろ妙なことが起こったり病気したり、生活の歯車が噛み合ってない気がする」とボヤきました。
私は「もしかして氏神さまにご挨拶してないんじゃないの?」と言いました。

「へ?うじがみさま?」
彼も「氏神さま」という存在を、それまで知らなかったらしく。
でもその後、彼は近所の神社でご奉納してキチンと挨拶してきたのだそう。そしたら、
「すごいすごい!挨拶にいって以来、全部うまく流れ始めた!」との報告が。
それからは彼も転居ごとに氏神さまに挨拶し、定期的なご奉納も欠かしてないようです。

今のうちの氏神さまは、普段は宮司さんもおられない小さな神社ですが、時おり散歩がてらお参りにいくと、いつも綺麗に掃き清められていて、大事にされてるのだなあと感じます。
今日もまた、雨の中、お神輿が出て。
豪雨にご降臨くださった神様、担いでくださった方、ありがとうございます。

人の思いを感じられる地域に住めてよかったなあと思います。
氏神さま、ほとんど夜に寝に戻るだけの氏子ですが、これからもよろしくお願いいたします。

Back to Top▲