<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
空&蓮せっけん。
DSCF6661.jpg
おかげさまで7周年気分、まだまだ続いております。

先日は、オープン年からのお客さんが娘さんと遊びにいらして、
当時小学生だった彼女は、今やなんと高校生!
いや〜、月日の経つのは早いなあ…。と、しみじみ感慨深い今日この頃です。
あっという間であると同時に、7年という時間の濃厚さを感じます。

と。せっけんの話でした。石鹸。

そうなんです。
せっかくの7周年なので、記念というのもなんですが、オリジナル石鹸を作りました。

作ってくださったのは江田島のお友達、手作りせっけん専門店「めぶらーな」さん。
時間をかけてじっくり熟成させた、身体が歓ぶせっけんです。
めぶらーなさんは、こちらの希望に応じて、オーダーメイドの石鹸を作ってくださるのです。

今回は、
「うちのニャンコの空と蓮、それぞれの毛色をイメージした色柄で2種、もちろん身体が歓ぶ成分をたっぷり入れて作ってくださーい!」
とお願いしてみました〜。

そして、出来上がってきたのが、
白黒オカメ・空ちゃんの柄色である白黒マーブルと、
キジトラ・蓮ちゃんの柄色の茶黒マーブルの2種類。

せっけんの成分は、白黒マーブルが、
オリーブオイル、ココナツオイル、パームオイル、苛性ソーダ、水、麻炭。

茶黒マーブルは、上の成分に追加して
ローズマリーとクレイをプラス。

このせっけんを、リーディングされる方に絶賛プレゼント中です。
空色と蓮色、どちらになるかはお楽しみ。
なくなり次第終了です。お渡しできなかったらごめんなさい。

あらためて(まだまだ7周年気分ですから!)、皆さまとのご縁に心からの感謝を込めて。
本当にどうもありがとう!
なんと占猫、7周年!
DSCF5593.jpg
そうなんですよ〜!いつの間にか7周年になってました!

おそらく毎年同じようなことを書いてると思うけど(なので、前の文章は確認しません(笑))、本当に本当にありがとうございます。

7年前の5月28日は満月で。

何とか5月の満月に開店したくて、4月に引っ越してきたばかりで家の片付けも出来てないうちから、怠け者の私からは想像できないような「火事場の馬鹿力」を振り絞り、無事オープンにこぎつけたのでした。

当初、占猫がいったいどんな道をたどるのか、想像さえつかなかったなあ。

ブログ書くくらいで、特別な宣伝もしてないし、
広島に土地勘がないので、横川がどんな街なのかもわからず。
あらゆることが、まさに右も左もわからないまま、全てを手探りで進んでました。

逆にそれがよかったかもね。
先の不安とかしてるヒマがなく、毎日全力でその日をクリアするだけだったから。
実際、あんまり当初の記憶がないのです。

ただ、なぜかお客さんは最初からご来店くださってました。
来たことある方はご存知ですが、うちの店は通りすがりに来れるような場所にはないので(笑)、
「いったい皆さん、どうやって見つけたの?」と、こちらが不思議になるくらい。

そのこと自体にも
「ああ。てことは、やっぱり広島に来るのが必然だったんだな〜」と感じさせてもらえた気がします。

占猫という場所をつくったことで、きっとずっと前からお会いする予定だった方々と、満を持して会わせてもらえているのだ、と。

やっぱり東京の店をたたんで、何の下地もなく広島に来るのは勇気がいりましたから。

でも、この流れが予定どおりだったのだと。
そう思わせてくれたのは、お客さんです。

この小さな店に、わざわざ大切な時間とお金をかけてくださる方がいらっしゃるからこそ、
それが奇跡的に7年も続いたからこそ、今の占猫が存在します。

ある誰かと、本当に本当に不思議なご縁がつながって。
セッションすると「まさに今こそ、出会うべき時に出会いましたね〜」とお互いが感じあって。
たくさんの魔法のような出逢いを、占猫という場で体験してきました。

お店というのはとてもシビアで、リアルにお客さんが来てくださらないと成り立ちません。
それが7年。365日×7=2555日。凄い。

お客さんの、占猫を思ってくださる気持ちが、繋がって、連綿と続いて、2555日。

そしてまた2556日より先もなお、続こうとしている気配です。

いったいどこまでいくのか、私にはわかりませんが、
きっと、お客さんのお気持ちをいただくかぎり、予定通りの流れのなかで、必要なだけ続いていくのでしょう。

それを信頼して、リラックスした流れの中で、たくさんの出逢いをこれからも体験していきたいと思います。

占猫を舞台に、8年目が始まりました。
これからも、ひとつひとつの出逢いを大切にして、
一期一会をお客さんと喜びあって、言祝いで。
その体験の中で、私も少しづつでも精進して成長していけるといいなあと思います。

どうぞこれからも占猫をよろしくお願いいたします。
心からの感謝をこめて。
本当に美しい出逢いを、いつもありがとうございます。
占猫5周年記念ライブ大盛況!ありがとうございます!
DSCF1207.jpg
6月6日に行われた5周年記念ライブ、大盛況のうちに無事打ち上げました!
たくさんの方のご来店、本当にありがとうございます。
不思議なご縁で、なんと台湾や京都からのご来訪もありました。

結局、20名を超す定員オーバーのイベントとなり、皆さまに窮屈な思いをさせてしまった場面も多く恐縮ですが、おかげさまで、たくさんのお祝いのお気持ちを頂戴することができ、素晴らしい時間を過ごせました。

まずはナルタナのシタール。
最初から瞑想的な音群れに流されるままに、うっとり。
楽器の王様とも言われるシタールの音色は、どこか知らない彼方へ飛ばしてくれる感じがします。

シタールで内面への旅を存分に堪能したら、
次は、ヨーコの二ライと歌と笛。
涼やかな声、軽やかで味わいのある笛や二ライと戯れて。
心地よく、次の時間や新しい世界へと、自然にみんなをシフトさせていくような。

そしてお二人による即興セッションも行われ。
篠笛とシタール、あんなに相性がいいとは思いませんでした。
日本古来からのナチュラルな音と、弦から生み出される繊細なインドの音色。
悠久の彼方から、宇宙の物語が降ってきました。
その振動を間近で浴びる歓びたるや。

さらに!
アンコールには、何とお客さんで来てくださっていた舞踊家の那須シズノさんが、お二人の音楽とともに飛び入りで踊ってくださったのです!
畳一畳ほどのスペースしかなかったのに、ぜんぜん狭さを感じさせない、広がりとスペースのある踊り。
シズノさんは普段から、世界各地の聖地でご神事や奉納舞をなさっている方ですが、
本当に本当に美しく、女神が降臨して占猫を祝ってくださいました。

うちの店の中心で展開されていく、彼女独自の旋回舞踊ーーそして、深みのあるシタールと篠笛が三位一体となり、スパイラルとともに天空までエネルギーが巻き上がって、パワフルなもの凄い空間になっていました。

その、凄い空間に佇みながら、
「ああ、これはライブというよりは、ご神事を行っていたのだ」
とアンコールにまで至って、私はようやく気づきました。

美しい音楽と舞踊。シズノさんが旋回するたび、占猫という「場」が、ぐんぐんと歓びにあふれていくのがよくわかる。

そっかー。たしかにこんな形では、今まで占猫をねぎらってなかったな〜と思った。
毎日お清めをしたり、感謝の気持ちを伝えてはいたけれど、
こんな風に「場」を讃え、たくさんの方々とともに明確に祝祭したことはなかった。

よく考えたら神社や寺院など、どこの聖地でも定期的にお祭りや儀礼によって、場を新しくしてるものね。
私は占猫が大好きで、私にとってはホーリースポットなのに、お祭りをしてなかったことに気づきました。

それが、意図してなかったものの、今回の奉納で一気にエネルギーが刷新され。
まるでオープンしたばかりのような、フレッシュでワクワクした空間へと活性化していました。
やはりお祝いは気持ちだけでなく、わかりやすく形にすることも大事なのだなあ、としみじみ感じました。

…というわけで占猫ワールドは、オープンした頃のような歓びと初々しさをよみがえらせたと思います。
おかげさまで、私もフレッシュな気もちでセッションを楽しめそう。
そんな占猫を今後ともどうぞ末永くよろしくお願いいたします。

では最後に。
ヨーコにナルタナ、シズノさん、そしてお手伝いしてくださったディークシャントとバァティア、どうもありがとう!
また、大切な時間を共有してくださったご来場の皆さま。本当にありがとうございます!

そして、これまでの5年間にご来店くださった、奇跡的にご縁をいただけた皆さまにも、心からの愛と感謝をこめて。
こうして5周年をお祝いできるのは、一つ一つのミラクルな出会いのおかげです。

そして、占猫にも。これまで5年間どうもありがとう。
これからもよろしくね。





おかげさまで占猫5周年!
とーとつですが、占猫はこの5月末に、なんと5周年を迎えました!
広島は横川にオープン以来、1日1日を言祝ぎ、出会いを嘉納し、さまざまな経験を楽しませて頂くうちに、いつのまにか5年も経っていたとは。
ほんとにビックリです。
ついに東京の時のお店「カレータロットカフェ」を越える年月となりました。
いや〜、時間が経つのは早いものですね。

…とか、いろいろ喜んでおりますが、毎年こうして喜べるのも書けるのも、すべてはお客さんが来店してくださるからこそ。
「行ってみようかな」と、ふと思いついて、わざわざ足を運んで下さる方がいらっしゃらない限り、この小さな店は成立しないのです。

そんなありがたいことが5年も続いているとは。
いったいどれほど沢山のご縁をいただいてきたのか。
凄いことだなあ。としみじみ思います。
沢山のお客さんの好意に包まれて、占猫は幸せ者です。

いつも思っていることだけど、こういう節目にあらためて御礼と感謝の気持ちを伝えさせてくださいね(毎年同じことを書いてる気がするけど、だってそうなんだもん)。
本当に本当に、ありがとうございます!

そして今回は珍しく(笑)、気持ちのお伝えだけでなく、感謝を込めた記念イベントも開催します!
あんまり自らすすんでイベントとかやるの苦手なのですが、
「さすがに5周年ってのは、節目中の節目だろ〜」という気がして(笑)。

そんなわけで、6月6日(土)に、友人のアーティストをお迎えしてアコースティックライブを開催します!
さらに14日(日)には、ネイティブアメリカンフルートの1DAYワークショップを開催!
という豪華2本立てでお贈りします〜☆

内容を説明するとまた長々と書き連ねそうなので、あとで別立てして紹介しますね。
ここはまず、私の勝手な5周年の歓びと想いを書かせてもらって、と(笑)。

こうして書きながら、みなさんとの5年間の出会いの日々をしみじみ反芻中。
たくさんのご好意に包まれて、ポカポカしています。
どうぞこれからも末永くよろしくお願いいたします。

今までにご縁をいただいた方にも、そして今から出逢う方にも、心からの感謝をこめて。
看板猫の空&蓮ともども、次にお会いできる日を楽しみにしています。
ぜひ一緒にこの世界をたっぷり楽しみましょう!


ニャンコが苦手な人でも大丈夫☆
春ですね〜。
暖かくなってきて身体も動くから、もろもろの家事など片付けようとするのですが、
野鳥たちのメスを呼び寄せる気合いの入った鳴き声に、ついつい心奪われ。
しばらく堪能してはハッと我に返る…の繰り返しで、なかなか日常の作業がはかどりません(笑)。

さてさて、そんな今日このごろ。
うちのダンナがボディワークの勉強などで出張することが多くなっていて、
そうすると占猫のカフェ部門はお休みとなり、つまりはニャンコたちもお休みとなります。
(普段はニャンコも一緒に車で通勤してるのですが、私は運転できないのです〜)
そういう日には、お茶やニャンコが目当てでご来店頂くと申し訳ないなあと、
つねづね思っていたのですが。

あるとき、カフェがお休みの日に、
「昔、猫にひっかかれたことがあって、ちょっと苦手なんです」
という方がセッションにいらして。
「ブログに”ネコがお休み”とあったので、実はこの日を狙ってました(笑)」と。

おお! 私はこの時ようやく”ネコがお休みの日”のメリット(笑)を実感しました。
ネコ好きとしては、ついつい「みんなニャンコに逢いたいよね〜」と、きっと誰もがニャンコ好き。みたいな前提で考えてしまうので、休みの日は無意識的に申し訳ない気分になっていたようなのです(笑)。

が。この日以来、心から、胸をはって、
「この日はネコが苦手な方にもセッションを体験していただける大チャンス!」
と思えるようになりました。

自分でこんな店を作っておきながら言うのもなんですが(「ニャンコと一緒にお仕事できる場所を創る」のが私の夢だったのです〜☆)、
「もし可能なら、ネコが苦手な人やアレルギーの人にも、あのセッションを体験していただけるといいな〜」なんて、密かに思ってたみたいなのです。
やっぱり、いろんな方に味わっていただけるのは嬉しいことですから。

で、そういう見方をすると、最近カフェ部門の休みが多いのは、ダンナの事情と思ってたけど、もしかしてその望みを叶えるために、私が引き寄せたかな?
…という能天気な考えもアリだなあと。

占猫のブログを見て下さる方は、おそらくニャンコがお好きな方の割合が多いのではないかと思われますが、
もしお友だちや知人の方で、
「セッション体験してみたいけど、猫が苦手だから行けない〜」
という方がいらしたら、
ぜひカフェがお休みの日に遊びに来てね! と、お伝えくださいませ。
お休みの日の告知は「タロット&数秘術な小部屋」ブログに掲載しています。
http://tarot-neco.jugem.jp/
ご予約をお考えの際は、よかったらこちらをチェックしてみてくださいね〜。
おかげさまで4周年。
140311_1453~03.jpg
そうなんです。なんと今日で「占猫」4周年。

いや〜、びっくり。
もう広島に来て4年?店を始めて4年?
あっという間でした。
でも、同時に、1日1日がとても濃厚で充実していて。

毎年同じことを言ってる気がしますが(でも結局そこに落ち着くよね!)、
今こうして占猫が続いているのは、店の存在を応援してくださる皆様のおかげです。
本当に本当にありがとうございます。

店というのはお客さんが来てくださらない限り、存続できません。
4年続いたということは、4年間お客さんが足を運んでくれたからこそ。
もう、しみじみ、感謝しかありません。

お気に入りの空間で、私たちが望むかたちで、大好きなリーディングによる魂の旅をシェアできて。
たくさんの方々とエネルギーを交流し、触れあい、いろんな刺激をいただけて。

なんてありがたく、しあわせなことなんだろう。

今日は、たまたま定休日。
こういう機会に、あらためて感謝の気持ちを味わいながら、
静かな時間を過ごそうと思います。

とはいえ、まずは御礼がいいたくて。
4年間、本当にありがとうございました。
そしてこれからも、どうぞ末長くよろしくお願いいたします。

心からの感謝とともに。




占猫リニューアル☆
あっという間に2月が過ぎ、3月が始まりました。
昨日、3月1日はちょうど魚座の新月。
「新しい月の始まり」が2つ重なって、フレッシュ感満点です。

実は占猫も3月1日は、新たなスタートの日でした。

というのも、その前日を臨時休業させていただき、定休日と合わせて3日間、店の改修工事を行ったのです。

思い起こせば昨年夏、なんと占猫の上の階で水道管が破裂、水漏れ事故が発生し、当然占猫にもかなりの影響がおよび、大変な状況になったのでした。
天井から水が漏れだし、時には滝のように流れ、店が水浸しになってしまいました。本などの備品もかなりの損害を被りました。

ほんと、ちょっと間違えたら店が崩壊して、この場所はなくなってた可能性もあると思います。

それでも、なぜか奇跡的に、リーディング部門だけでも営業を停止することなくギリギリで助かり、占猫が守られているのを実感した事件でした。

とはいえ、あちこちに水漏れの形跡を残したまま営業を続けていたところ、このたびようやく改修工事が始まった次第です。

お客さんに見える一番わかりやすい改修部分としては、白壁とエアコンかな。

店の壁のそこかしこに水漏れ跡が残ってました。
白壁なので目立ってましたが、その壁を綺麗にしてもらいました。

またエアコンは、事故のときにたっぷりと水を浴びてしまい。
漏電しなかったのが奇跡と思うほど。
でもやっぱり、それ以来エアコンの効きが悪く、特に冬になってからの暖房効果たるや!

厳寒の時期など、29度に設定しても全然あったまらない。
お客さんと2人で、コートやジャケット着たままセッションしたことも何度もありましたね〜(涙)。

本当に、あの時期のお客さん、寒くってすみませんでした(謝)。
でも、もう大丈夫です!
昨日から温度設定22度にしても、すごーくあったかくて涙が出そうでした。

いや〜、水漏れ以来、苦節半年。
ようやくいろんなものがリフレッシュしました。
まだ少し塗りたての漆喰の香りが残るなか、
「新生・占猫」として3月から新しいスタートです。
これからまた新しい占猫で、どんな歴史を紡いでいくのか。
ワクワクドキドキ。とっても楽しみです。

どうぞ、ちょっぴり新しくなった占猫に、よかったら遊びにきてくださいね。

2013年のおしごと終了!
131209_2032~02.jpg
昨日、2013年の仕事納めの日でした。
みなさま、本年も占猫を訪れていただき、ありがとうございました。

たくさんの方と出会えて、様々なセッションやドラマを一緒に体験できたこと、嬉しく思います。
そして今年は3周年を迎えることもでき、ようやく店として広島になじんできたのかなあと。

私のリーディングも、今年は何というか、かなり自由奔放になってきていて。
自分を制限していた枠、みたいなものをはずしたのかもしれません。

セッションごとに、何がおこるのか、いったい何を話すのか、ますます予測不可能となりつつあります。

毎回ワクワクドキドキ、一つ一つの出会いが喜びであり、冒険でもあり。
もちろん、そこから学べることは数知れず。
それをまた次の出会いに還元できて。
本当に充実した一年でした。

2013年というのは、マヤ暦を使っていた私にとって、大きな節目となる年だったのですが、本当にアッ!という間に過ぎ去ったな〜、という印象です。

でも、その中で不思議に緩やかなリセット感があったので、
今後どうなっていくのか、来年が楽しみです。

ゆるやかな変化や、日々の喜びや発見を言祝ぎながら、毎日を大切に紡いでいきたいと思います。

まあ、来年を語ると鬼に笑われそうです。
まずは今年のお仕事がつつがなく終了したことに感謝したいと思います。

写真にて空と蓮もごあいさつ(笑)。今年の御礼申し上げます。
そして、どうぞ来年もよろしくお願いいたします。

おかげさまで3周年。
そうなんです。3年前の5月28日、満月の日に占猫はオープンしました。
そして、おかげさまで、いつのまにか3周年。

この3年、本当に文字どおり「あっという間」でした。

あの年、GWギリギリまで東京でセッションして、5月半ばに広島に引っ越してきて、そこから2週間で占猫を立ち上げ。
もしや人生で一番忙しかった時期かもしれません。

でももう、とにかくなんとか「満月にオープンする!」という、無謀だったけど、そのくらいの気合と目標がなければ、いつまでたってもオープンしないようなカオスな状況だったように思う。

そして何とか満月にオープンし。そのまま流れ流れて今に至り。
いや〜振り返ってみると、今あるのが奇跡のように感じます。

…とか、個人的な思い出はおいといて。

本当に皆様、ありがとうございます。
店が3周年を迎えるというのは、凄いことです。
だって、いくら私たちが頑張っても、店って、お客さんが来てくださらないと成立しないのです。

この横川の片隅の、小さな小さな一角。
まずはこんな場所に、こんな店があるのだと存在を知ってもらう必要があり。
そして興味を持っていただく必要があり。
さらにその上で、わざわざ足を運んでくださるお客さんがいらっしゃるからこそ、3年間続いてきました。

凄いことでしょ。もう、凄すぎます。
そんな有り難い出会いを、一日一日積み重ねて占猫は今に至ります。

本当に多くの方々に支えられ、不思議な、そして素敵なご縁をいっぱい頂きながら、ここまで来たなあと思います。

私たちは「占猫」という空間が大好きです。
全てが木造りで、珪藻土の白壁に囲まれて。
どこか不思議な気配もありつつ、ほっこり落ち着ける場所。

自分たちにとって心地良い空間で、大好きなクウやレンと一緒に遊べて、
コーヒーやチャイの香りに包まれて、愉しいタロットや数秘を通していろんな方々と出逢えて。

これからもその幸せに包まれながら、この世界にあるたくさんの歓びと豊かさと美しさを皆様とシェアしあえれば、こんなに嬉しいことはありません。

引き続きこれからもどうぞよろしくお願いいたします。

今までに出会えた皆様、本当にありがとうございます。
そして、これから出会う方々も。いつかお会いするその日を楽しみにしています。

私たちはこれからも相変わらず、猫たちと共に、のんびりゆったり占猫でお待ちしてますね。

まずは今日の3周年を心からの歓びとともに。

はちきれんばかりの感謝をこめて。

ほんとうにほんとうに、ありがとうございます。


いつのまにか、2周年。
時の経つのは早いものですね。
いつも「えっ?もうこんな季節?」と、我にかえっては驚きますが、
そんな流れの中、気がつけばいつのまにか「占猫」も2周年を迎えていました。

本当にありがとうございます。

日々、いろんな方と出逢い、いろんな事を体験させていただき、いろんな事に気付かせてもらって、そのたびに感謝と喜びの気持ちがあふれてくる…。
私は「占猫」という空間で、そんな毎日を送らせていただいてます。

あらためて振り返って、そんな形でお仕事ができるのは本当にありがたいことだと思います。
そしてお店というのは、お客さんに来て頂かないとお仕事できないのですが、
つまり2周年を迎えられたということは、その間、お客さんにわざわざ店まで足を運んでいただけたということ。

これは本当にすごいことです。
広島は横川の片隅にある、小さな小さなアヤシイ店(笑)に、
何らかの不思議な魔法によって(私はいつもそんな感じがしています。出逢いって、魔法ですよね〜)ご来訪くださるお客さんとは、すごいご縁がつながってるのだなあと、その奇跡にいつもビックリしています。

日々、ドアベルが鳴るたびに、
「次はいったいどんな出逢いや体験が始まるのかしら」
と、ワクワク楽しみにしています。
「占猫」にいると、毎日が旅で発見で冒険の歓びがいっぱいなのです。

…と、それが2年も続いたうえ、さらに3年目に入ったとは!

またまた長々と書いちゃったけど、
つまり3年目を迎えることが、どのくらい嬉しくてありがたいと思ってるのかを感謝とともにお伝えしたかったのです。

これからも相変わらず、出逢いを愉しみながら、のんびりマイペースでやっていこうと思いますので、末永くよろしくお願いいたします。

まずは取り急ぎ御礼まで。

Back to Top▲