<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
内も外も、心地よくありますよう。
普段はフェイスブックには日記をアップしないのですが、
選挙の間は、選挙について書いたブログの文章(この前の2つの文章)を転載していました。
そうすると、コメントとかいただくことも多く。
その返事を書いていたら、ものすごーく長くなったものがあって。
せっかくなので(笑)逆輸入してブログに転載してみます。

☆☆☆

**さん、私が書いたことに、やさしくコミットして、本気でコメントもらえて嬉しいです。
私が選挙で盛り上がってるの、「意外な感じがする」って、いろんなところで言われました(笑)。

かなり私はよくばりなので、内面を成熟させて充実させて、できればいつも心地よく穏やかでいたいのですが、同時に、外の現実世界だって、もっと心地よくていいんじゃないの?と思ってました。
でもこんな小さい私1人がそう思っても、できることなんて限られてるし。とも思ってた。

今回、ちょっとスピリチュアルっぽい言い方すると
「あ、ここか。あの人たち、ここに結界張ってたんだ!」って見えてきたの。

その、政治に希望を持てなくさせる結界。興味をなくさせる結界。

私、まんまとハマってましたが、映画「マトリックス」みたいにズポっと首の後ろから何かが抜けたような(笑)。
そこにアクセスする入り口が、私にとっては三宅洋平だったのですね。

「現実世界の心地よさ」に向かって、自分も参加し経験できるんだ。と気づいたの。
よくばり屋さんとしては、せっかく人間に生まれてきたので、いろんな次元をいっぱい体験したいし。

もしまだ見てなかったら、よかったら動画で三宅洋平の街頭演説を観てね。
あ、そっか、ここで政治やっていいんだ。みたいな。
結界がほぐれつつあるのが感じられるかも。

もちろん「全然感じない」って人もいるよ。
それはまた別のお役目があって、別の次元から今の事象を眺めてるのだと思うので、それもまた良し。

やっぱり政治や選挙については、私たち初心者(笑)は、ビジョンに共感できる人が現れないとコミットするのは難しいと思う。だから、そういう人が現れてからのタイミングの人もいると思う。
三宅洋平が口火を切った。歴史の転換点がきた。ここから。気づいた人が、どんどん立ち上がってくる。
それぞれが魅力的な、様々なビジョンを持った政治家が現れる。
その各自のビジョンに共感した人が、また気づき、立ち上がり…どんどん世界が動き始める。

…と、そんなイメージかなあ。
これをマインドで見ると懐疑的に感じるけど、ハートから見てみて。とってもまろやかな世界だよ。内側と外側は同じだから。

しかも、ムリに頑張ったり努力したりするんじゃなくて、
「みんなそれぞれが、政治に対してしたいことをただ実行する」だけ。
自分が思うこと、気づいたこと、やりたいことを素直に表現する。
それはおそらく、
なんとなく嬉しくて部屋に花を飾ってみたりとか、
ふと気が向いて、夕食のおかずを一品多く作ってみるとか、
ニュアンス的にはそんな感じにちかい、ちょっとしたことの延長線上。

1人1人がほんのちょっぴり今よりも生きてる世界を意識化して、
現実との繋がりを感じて、
ハートで感じたことをそのまま行動にうつしていく。
きっとそれだけで結構カンタンに変容が起きる感じがする。

ただ、それぞれはほんの少しの持ち寄りでいいんだけど、たくさんの人が必要。
でもそれも時間の問題かと。
最近、以前よりも多くの人が普通に瞑想とか始めたり、どんどん内面の世界を探求しているけど、ってことは、同時に外の世界も探求されつつあるのだと思います。

もちろん、今の政治を見てるとダークな部分とか、いっぱいあらわれて辟易することも多いんだけど。うわ、触りたくない、みたいに思ったり(笑)。
でも、だからほっとく、のではなく。
現実をまず受け入れて、応答する。
光があたって可能性が見えてきたからには、できる範囲で関わっていこうかなと。

たとえば、もし家にゴキちゃん(笑)が出たとしたら。
「居心地わるいけど、どうせ1匹いたら100匹いるんだし」と、諦めてほっとくのか。
退治の方法が見えてきた人は、応答して、駆除したくなると思うのです。

じわじわと、おそらく四半世紀もしないで、
たくさんの人が自分なりに動いて、世界が変わっていくんじゃないかなあ。

…って、これ、最初の日記より長いのでは(笑)。
私は表現してみないと何を考えてるのかわからないので、
こうして書く機会をもらったことで
「なるほど〜。そんなことを思ってるのか、ふむふむ」と自分でも新鮮です。

せっかく書いたから、これをブログにもアップしよっと(笑)。
スポンサーサイト
- | - | -
Comment

Back to Top▲