<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
興味がなかった方のご来店、増えてます。
先日、お客さんと雑談しているときの話。
その方は、つい最近まで占いとかスピリチュアル的なことについて、殆ど興味がなかったそうです。

「でも最近、同じように全然興味なかったはずの周りの人たちが「占いしてきた」「運勢観てもらった」とか言い始めて。それで、今までは考えたこともなかったのに、今回みたいに困ったことが起きたとき「そういえば占いっていう手があるのか」と、思いついて」と。

そうなんですよ。
初めてご来店の方とお話しさせていただくなかで、
「これまで興味なかったんですが」「一度もやったことないです」という人が増えてる感じを受けてました。

もちろん、対面セッション自体が初めてという方はこれまでもいらっしゃいます。
でも今までは、わざわざ足を運んで対面セッションした経験はなくても、ネットで無料のタロットやってみたり、雑誌の占い特集は好き、とか、スピリチュアルな世界が好きな人がもう少し本格的に体験したくなった…みたいな感じが多かった気がします。

それがいつ頃からか、全然興味がなかった人が、ふと思いついてご来店される割合がかなり増えてきていて。

実は私も、もとは興味がなかったタイプなのですが、興味がないものって選択肢にも入らないのです。自分の世界に存在しないから。
その頃はこんな世界があることさえ知りませんでした。占いというのは雑誌の星占いだと思っていたのです。

おそらくその頃の私と同じように、これまでは全くスルーしていた人たちが、なぜかこういう世界を意識し始めて、新しい扉を開いて、新しい可能性を見つけて新しい発見に
驚きを体験されるようです。

ことほぎ師としては、そういう人が増えるのは素敵なことだなと思います。
昔は興味がなかったけど、目に見えない世界を尊重することの大切さを感じている今となってはね。

知らない世界を開くのは、新しい可能性を開くこと。
もちろん、だから逆もあるよね、きっと。
もし見えない世界ばかりを大切にして、現実から逃げていた人がいれば、その人は現実の扉を開けることが新しい可能性を見つけられる。

その、新しい扉を発見すること自体が、これまでは難しかったと思うんだけど、
やっぱり最近は世界の進化のスピードが加速してる感じがあるから、
たくさんの人が、いままでにない体験の扉をあちこちの分野でオープンしてる気配を感じます。

その一環として、うちの店にも影響が。
占いや目に見えない世界に興味を持つ人も、今まで以上にどんどん増えている予感。
たしかに、今までやったことのない体験は、新しい発見を得る可能性が高いです。
これからも、そんな方が増えてくるでしょうね。

もし「なんだかわからないけど占猫が気になる〜」という方がいらしたら、
どうぞ直感で遊びにきてくださいませ。
逢えるかたとはいつか必ず会えるから。
新しい扉を開けて冒険を楽しみにきてくださいね(笑)。

スポンサーサイト
- | - | -
Comment

Back to Top▲