<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
数年ぶりにご来店される方、増えてます。
ここ1週間ほどのうちに「5〜6年ぶりにセッションに来ました」と言われる、何人かのお客さんがご来店くださいました。
占猫は開店して6年半くらいですからね。
「この前のときは、猫ちゃんが来たばかりで小さかったですよ」なんて言われたり。

いや〜、ありがたい話です。
5〜6年ぶりに思い出していただけるのも嬉しいし、
それだけの時間、お店が続いてなければお会いできなかったわけで。
ここまで続けていてよかったな〜、とあらためて感じます。

そういえばここ最近、6年とは言わなくても、数年ぶりというお客さんが多くなってきたように思います。
数年に一度のタイミングでセッションされる方との再会。
続けていればこその出会いは、続けないと出会えない。

もちろん、5〜6年ずっと定期的に通ってくださる常連のお客さんもたくさんいらっしゃいます。
長年通ってくださるリピーターの方とは、ここ数年のその方の人生の歴史を、どこかの次元で一緒にたどっているような。
でも同時に、毎回新しい一期一会の出会いでもあり…という、不思議なつながりを感じます。
リピーターさんもまた本当に嬉しくありがたく。

セッションが必要なタイミングは人それぞれ。
困ったときにくる人、状況や心の確認をしたいときにくる人、心の成長のためのメッセージを聴きたいときにくる人…
毎月メッセージを聴きたい人、シーズン毎の人、半年に一度、年に一度の人、数年に一度の人…。
そして、どんな時にこられようとも、魂はその人の「今」に必要なことを伝えるようです。
みなさん本当に、自分のタイミングを直観的に知っておられるんだなあと思います。

そして数年ぶりのある方に、
「来たのは久しぶりですが、占猫さんがここにあるというだけで、私は安心できるんです。本当に困ったときにはここにくればいいと思ってるから、逆になるべく自分でなんとかしようと思えるようになりました(笑)」と言われました。

すごく嬉しかった。

占猫が存在すること自体、その人が困難に立ち向かうための応援になるなんて。
物理的にはその人に関わっていないときも、役に立ってるなんて。

そもそも、当たり前ですが、私のセッションは私しかできないので、個人セッションしているときは、世界でただ一人の人としか一緒にいられません。
その人のためだけに、その時間を全力でサポートします。

とてもやりがいがあるし、一対一の形態は、私の好きなスタイルで楽しいです。
ただ、どうしても関われる人の人数は限られるなあと。

でも実は、その間にも、間接的に占猫がどこかで誰かをサポートしている。

そのビジョンを与えていただけて本当によかった。

そのときお店にいらしてない方のサポートも、その人が想ってくれるだけで自然に出来ちゃうお店。

なんて素晴らしい。

まだまだ未熟ではありますが、そんな風に言って頂ける機会があったということは、そのビジョンを手渡される時期なのかな〜と。
これからの方向性として、そんなビジョンを持つことが、大切なのかなと。

直接お会いしていないときでも、誰かのサポートになってる存在。

あ。いいな、これ。カチッと入った。

ここに在る、というだけで安心できる、そして実際にいつ行ってもホッと寛げるような、心穏やかになれる存在にいつのまにかなってるといいな。

占猫もそうだけど、私自身も。

よーし、これからも精進しよっと。私なりに、マイペースでね。
スポンサーサイト
- | - | -
Comment

Back to Top▲