<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
早起き蓮ちゃん。
DSCF0506.jpg
大寒を過ぎ、ぼちぼち立春も近くなりつつありますが、
寒さはまだまだ健在で。冬がしっくり馴染んでいる日々です。

私は寒いのが苦手なので、当然、自分の意志でお布団から出るのは困難を極めます。
が。そんな怠け者を容赦なく叩き起こしてくれる頼もしい助っ人が、我が家で唯一の早起きっ子、蓮ちゃん。

まだ全然爆睡している、一番寒い朝方に、にゃーっ!と声高に部屋に入ってきて。
で、私がまどろみの中で蓮ちゃんを認識するまで、目覚まし時計よろしく延々と鳴き続けます。
おそらく一番寒い時間なのだと思われます。布団に入らせろ!と。

こだわり蓮ちゃんは、私の羽毛布団がお気に入り。
ダンナの布団には見向きもしません。
しかも「布団入りの儀式」は形式が決まっていて、必ず左の肩口から入ります。
右側からはなぜか決して入りません。右は儀式的にダメみたいです。

しかも。そもそも寝てるあいだに勝手に入ればいいのだけなのに、
私が「はいどうぞ」と、わざわざ布団を持ち上げないと入らないの。だから叩き起こされるんですけどね。
いったいどんだけお嬢に育ててしまったのやら…。

持ち上げたところを、当然のごとくスタスタとお入りあそばしたら、腕と身体の間にすべりこみ。脇を枕にしつつ、無理やり腕を蹴り倒してスペースを広げて陣取り。
そしてナットクできる態勢が整うと、満足そうにゴロゴロ喉を鳴らし始めるのです。

その満足気なゴロゴロが可愛くて、意識が朦朧とした中でもチョコっと撫でたりして。
が、当然すぐに私の方は寝落ちてしまいます。
そうして相手にされなくなると、飽きっぽい蓮ちゃんは、いつのまにか布団を抜け出るみたい。
でも、抜け出てしばらく遊んでたら、また寒くなる。
そしてまた部屋に入ってきて、私を叩き起こし…。

と、この儀式が飽きることなくエンドレスに続きます。
いくら寝坊の私でも、これが3〜4回続くと、さすがに起きる気になるのです。
この私を起こすことができるとは。蓮、恐るべし。

実際、この寒い時期、私自身の意志で布団を抜けるのは困難を極めます。
そういう意味では、ちゃんと起こしてくれる有難い存在なのです。

ちなみに空ちゃんは、お寝坊派。
私たちが起きた頃を見計らって、のんびり起きてくることが多いです。
特にこの時期は、コタツから出る気ぜんぜんナシ。

つまり蓮ちゃんの働きによって、私たちの朝は無事やってくるのでした。
起こされるときは、やめてくれ〜。と思うけど、トータルで見たら大変ありがたい。
飽きることなく朝の儀式を繰り返す蓮ちゃんに、敬意を表します。



スポンサーサイト
- | - | -
Comment

Back to Top▲