<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
数秘術では想定内
長年、定期的にセッションに通ってくださっているリピーターの方が、こんな話をしてくれました。

「4〜5年前に数秘で言われた内容、当時は絶対ありえない!と思ってたのに。実際には、今それが起きていてビックリです」と。

最初に数秘術でお伝えした話が、あまりにもその時点での考え方や価値観からかけ離れ過ぎている場合があります。
そのため、当時は全然わからなかったのに、数年後、気づいてみたら、いつのまにか数秘で聴いていた流れどおりになっている…という。

人は「今」考えてることとは全然違う、今の自分には想像もできないところに流れつくことがあります。それはただ単に想定外だった、というだけ。
数秘は本人の想定外・想定内に関わらず、人生本来の可能性や方向性を示してくれるツールなのです。

その、まったく想定外なことを聴かされてビックリした、典型的な例が私です。

最初に師匠のマンガラのセッションを受けたとき、開口一番、こちらは一言も何も言ってないのに、
「あなたは数秘に特定の数字が出ているので、将来タロットリーダーになる可能性があります。覚えておくといいでしょう」と言われ。

この言葉が、マンガラと交わした最初の第一声だったのです。

でも、タロットがどんなものかも知らない頃に言われたので、
「リーダーって、それは何の機械の話をしてるんだろう?」
と思ったくらい意味不明の第一声でした。

それに、当時は大好きな仕事に就いていたので、タロットリーダーになることに興味がありませんでした。

その頃は雑誌のライターをやっていて、週刊・月刊連載などを何本か抱え、合間に特集記事なども入り、インタビューや取材、原稿書きなどで忙しい日々を送っていました。
今思えばいつも締め切りに追われ、休みも殆どなかった気がします。
でもやり甲斐を感じていたし、当時はずっと続ける気マンマンだったのです。が。

「数年後には自分でビジネスを始めたり、なんらかのお店を出したりする可能性がある」と言われ。

いやいや、ありえないでしょー!ビジネスだとか店だとか!
そんなのやったことないから、全然イメージすることさえできないし。
てかその前に、気に入ってる今の仕事を辞めるなんて考えられないし。

…などなど。さっぱり理解不能、イメージできないことばかりが伝えられ、よくわからないまま聞き流していたのです。

それが、どうですか。

その2〜3年後にはタロットのセッションを開始、4年後には編プロを辞め、フリーのライターと兼業で「CURRY TAROT CAFE」をオープン、その後は自然な流れでいつのまにかライターを卒業し、リーディングで生計を立てはじめ。

で、数年後にハッと気づく。
「あれっ、最初にマンガラが言ってたとおりじゃん!」と。

数秘術のセッションをやると、ときおりその時の私と同じような反応を示す人がいます。
今の自分にはさっぱりイメージできない、あり得ない話である、と。

うんうん、わかるわかる。その気持ち。
でも私の体験からすると、理解できなくていいと思う。
今は想定外かもしれないけど、数秘的には想定内。

タロットは、ざっくり言うと「今どこを見て何をすればいいか」というメッセージをお伝えします。「今」にフォーカスするのです。
つまり、その人が「今聴くとわかる話」です。

でも数秘術は「この人生、なんのために生まれてきたのか」という大きい話をするので、まだその人が人生の中心軸、メイン街道に触れてなければ、体験や実感とリンクしない内容も多々あるのです。

なので「今の自分」は数秘が伝えることを理解できなくていいのです。
そういう場合、おそらく「このタイミング」で聴くこと自体が重要だったのではないかと。

大切なのは、何が自分の人生の中心にあるのかを知ること。意識化すること。
そうすれば自然に、よりスムーズに、人生の中心軸に沿って生きていくようになるみたい。

数秘術の考えでは、人は名前と誕生日を自ら選んで生まれてきます。
その2つのデータに、自分が選んできた人生の地図…青写真がプリントされているのです。
ここからチャートを作ってリーディングしていきますが、青写真だから細かいことを説明するというより、方向性や可能性を示していく感じです。
とてもシンプルなんだけど深くて的確で、プリミティブで根源的。

この数秘のダイナミズム、根本にあるものを深くシンプルに見ていくシステムが、とってもエキサイティングなのです。
初めてセッションするときは長い旅になるけれど、自分の方向性、人生の軸を知っておくと、世界の見方がリフレッシュされて面白いよ。

聴くタイミングが来たら、いつでも遊びにきてください。
新しい角度から見る人生へと、ご案内したいと思います。
一緒にワクワク、数秘の旅に出かけましょう。

そして数年後、お釈迦様の掌の上の孫悟空のごとく、
「ああ〜っ、この状況も数秘的には想定内だったのか〜!」
とか、振り返ってはその不思議を楽しみましょう(笑)。
私はこのセリフ、これまで何度つぶやいたことか…!
スポンサーサイト
- | - | -
いつもお世話になっています(^^)
興味深い内容でした(^^)

師匠のマンガラさんて、マンガラ ビルソンさんですか??アユタヤさんとこに行くようになって、数秘に興味をもって、ピンときた本を買ったのがその方の本でした(^^)
わたしを自由にする数秘。というタイトルです(^^)
acoさん、メッセージありがとうございます。
はい、そうです、「わたしを自由にする数秘」の著者、マンガラ・ビルソンが私の師匠になります。良い本ですよね〜。
彼女は出版直前に亡くなりましたが、この本をみんなへのギフトとして最後に届けてくれたように思います。
数年前、亡くなった際にブログに長い文章を書きました。もしマンガラに興味があったら、よかったらそちらも読んでくださいませ。
「マンガラ追悼」というタイトルで「タロットリーディング&数秘術」のカテゴリーに入ってます。
Comment

Back to Top▲