<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
マヤ暦新年。
あけましておめでとうございます。
昨日はマヤ暦で「時間をはずした日」だったため、占猫も臨時休業させていただきました。
ほんっとうに何もしないで、のんびり家で時間はずしてましたね〜。

明けて新年。
いつもだとお仕事ですが、今日はちょうど定休日と重なって、引き続きのんびりモードです。

とはいえ、カレンダーを前年のと取り替えたり、新しいマヤ暦スケジュール帳に移し替えたり。
などと、新年らしい作業もやってます(笑)。
西暦と両方使ってると、新年が2回あるので、いい感じでリセットされます。

ところで、そんなことを喋ってたりすると、
「マヤ暦を使ったら、どうなるのですか?」
と、聞かれることがあります。

これはけっこう広大な質問です。
何を言えばいいのか、ときどき切り口に悩みます。
マヤ暦も、世界に数多くある暦の中の一つなだけので(うちは他に「地球暦」っていうのも使ってるよ〜)、
「グレゴリオ暦(西暦)使ってて、どんな感じですか?」
と言われたかのような感覚なのです(笑)。
さて今日は、どの切り口から話そうかなあ。

「暦」を使うと、その暦が持つ特定のリズムや周期、時間に同調するようになります。
それはどんな暦でも。馴染めば馴染むほど。

そのリズムが、マヤ暦の場合、地球や自然の営みにとてもシンクロしているように感じられるのです。
宇宙のリズムに則った暦。だから自分と宇宙が「当たり前に繋がってる」のを実感しやすい。

私たちが幼い頃から馴染んだ、1年が12ヶ月というグレゴリオ暦(西暦)も特定のリズムがあります。
その暦を使ってる人たちが共有する世界において、みんなが大なり小なり影響されます。

例えば、学校に行ってた頃は7月に入ると、夏休み前からワクワクしたり。
12月に入ると「先生が走るほどの忙しさ」を世の中全体から感じてソワソワしたり。
それは、ある角度からみると暦に影響されているわけです。

グレゴリオ暦、共有してる人が多いので便利なのはいいんだけど、
グレゴリオ教皇さんが人為的に作ったものだから、宇宙と繋がることにはあんまり興味のない暦なのです。
実際、使ってて「宇宙で生きてる実感」あんまり湧かないでしょ?(笑)
そもそもグレゴリオさん、そんなことを暦に求めてなかったと思うしね(笑)。

というわけで個人的な好みとしては、グレゴリオ暦よりマヤ暦が好きです。
自然や地球と一緒にいる感覚を日々に感じられるし、暦に馴染むほど、あちこちでシンクロニシティ(意味のある偶然の一致)が起きてきて、いつしか人生がスムーズになってきたように思います。

これは何回も書いてるから、詳細は今回パスですが、
私が当時まったく興味のなかったはずの、今の仕事を始めたきっかけも、元を辿ればマヤ暦を使い始めたことに発すると思ってる。
「ああ、あの時マヤ暦を始めたから、自然の流れどおりに今此処に至ってるんだなあ」と。

なので、興味がある人には
「普通にカレンダーだから、とりあえず使ってみるといいよ」
と、言ってます。
暦もそろそろ、自分のライフスタイルに合わせて選ぶ時期が来たのかな。

西暦と両方使ってるうちに、だんだん英語と日本語を使うバイリンガルみたいな感覚になってくるかも(ちなみに私はバイリンガルじゃないので勝手な推測です(笑))。

今は新年に入ったばかりだし、始めるにはちょうどいいタイミング。
「13の月の暦」(マヤ暦にもいろいろ流派(?)があるみたいですが、個人的にはコレが好き☆)で検索したら、手軽にカレンダー入手できますよ。

今年も宇宙時間との繋がりを感じ、自分を開いて、自然の流れのなかで(=宇宙の法則どおり)いろんな出来事や出会いをワクワク待ち受けたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
- | - | -
Comment

Back to Top▲