<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
東京出張セッション御礼
いつのまにか10月、肌寒い季節になってきましたね。

先日、東京から戻ってきました。
2年ぶりの出張セッションは、おかげさまで盛況で、とても楽しい時間を過ごすことができました。

東京時代の常連さん、ご縁あって今回初めてセッションを体験してくださった方…。
皆さん、本当にありがとうございます。
お会いできた喜びと感謝で胸がいっぱいでした。

特に悩みもないのに「久しぶりに会いにきたよ〜」と、遊びにきてくれる方もいらしたり。
もう、本当に、どのセッションも毎回お別れするのが惜しくなって(笑)。

まあでも、だからこそ「また来よう!」と思うわけで。
やはり、久しぶりに東京に行くことで新しい刺激をいろんな側面からもらえた気がします。
時々、新しい空気を入れることは大事だなあと、あらためて思った次第。
東京で体験したことは、これからのお仕事や生活にきっといい刺激を与えてくれることと思います。

また機会を見つけて、出張セッションする予定です。
その時にもぜひよろしくお願いします。

快く会場を提供してくださった、
中目黒のmitra shantiさん、表参道のアトリエ・リノレアさん、
本当にありがとうございます。
いろんな面でお気遣い頂いて、お客さんも皆さん喜んでくださいました。
またゆっくり遊びましょう。

そして、今回お会いできなかった方も、また次回会いましょうね。

まずは取り急ぎ御礼まで。
豪雨お見舞いありがとうございます
広島の土砂災害から1週間ほどが過ぎ。

ご連絡遅くなりましたが、たくさんの方からお見舞いのメールや電話をいただきました。
本当にありがとうございます。

ここしばらく何だか気持ち的にワサワサしていて、バタバタと自分でも何をやってるのかよくわからない日が続いていました。
ようやく少しは落ち着いてきたのか、お見舞いの御礼を書こう、と思えるくらいになりました。

おかげさまで、うちは自宅も店も直接の被害はなかったのですが、
自宅の川向こうでの、かなり身近な場所での災害です。
この近隣は、どこで土砂災害が起こってもおかしくない環境。
今もヘリコプターは飛び交い、捜索活動も続き、まだまだ収束にはほど遠く。
被害にあわれた方のことを思うと、本当に心が痛みます。

今日、ダンナはボランティアに参加して土砂撤去のお手伝いをしてきたのですが、大変な状況だとのこと。
彼は昨日も行ったのですが、朝9時に参加受付をしたまま、活動場所までのピストン輸送のバスが渋滞のために動かず、1時まで待機した挙句、現場のガス漏れにより中止になったり。

私たちの住む場所では、それなりに普段どおりの生活ができているのに、
川ひとつ越えた場所では、そんなことが起きていて。

とても複雑な気持ちですが、
ちょっと前に「生き残っている」という日記を書いて、
何か、そこに書き留めたことが、今の心情とも重なってる感じがします。
なので、いろいろ書くとダブりそうなので、
めずらしくタラタラ書かずに(笑)終わろうと思います。

まずはお見舞い御礼と「生き残ってます」のお知らせを兼ねて、取り急ぎ。

そして最後に、
亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

どうぞやすらかに。
生き残っている私たちが、亡くなられた方々のぶんまで本気で生きていこうと思います。

地震お見舞い御礼
昨夜の2時ごろ、広島にしては大きな地震が起きました。
震度5とのこと。私がこっちに戻ってきてから初めてです。
けっこう長く、派手めに揺れたので、人生…もとい、ニャン生初の地震を体験した空&蓮は大パニック。

空は野性味を帯びて、臨戦態勢でピリピリしてるし。
蓮は現実逃避。「私、ここにはいないの」とばかりに、眼がどこか別のところにいったまま、お気に入りのカゴの中で硬直してました。
イザというときって、猫も性格でますね。

うちの家は、もともと地質の専門家である父が、災害に強い場所を見つけて建てた家だからか、ほとんど被害はありませんでした。

が、朝になって近所では皿が割れたとか、エレベーターが止まったとか、いろんな話をきいて。
「軽くみてたけど、もしかして占猫はモノが落ちたり壊れたりしてるかな?」
と、少し心配になり、いつもよりも早めに横川に向かいました。

ドキドキでしたが、いろいろ落ちてたけど、おかげさまで壊れ物はなくて。
でもガラスのボトルで壁側に倒れたものはあって、これが反対側に倒れてたら落ちて壊れて大変だったと思われます。
占猫にいる、いろんなモノたちに護られたなあと感じました。
あの水漏れのときといい、いつも皆さんどうもありがとね。

というわけで、今日も無事につつがなく営業中。
その間にも、多くの方から
「地震、大丈夫だった?」とお見舞いメールをいただいてます。
お気づかい本当に嬉しいです。どうもありがとうございます。

メールのお返事は、これからゆっくりお返しするとして、
おかげさまで護られて、そんなこんなです。
…という、お見舞いの御礼がいいたくて。
まずはご報告まで。

311以降、今は日本全体の地盤が動いてるだろうし、こういう機会にあらためて防災を意識しておかなきゃと思いました。
きっと明日とか、ホームセンターでは防災グッズがいっぱい売られるんでしょうね。

アルーンコンシャス整体イベント御礼
ご報告がおそくなりましたが、先日のちえみさんによるアルーンコンシャス整体のセッションイベント、無事終了いたしました。

参加してくださった皆様にも、楽しんでいただけたようで何よりです。

私ももちろんセッションしていただきました〜。
20年のキャリアを持つちえみさんの整体師としてのスキルと、アルーンの瞑想的なワークがミックスされた不思議な体験でした。
身体の歪みなどを物理的に整えていただきながら、同時に内面に気づいていくことに働きかけるボディーワーク。
静と動の刺激が、いろんな部分を動かしてくれたように思います。

ちえみさん、参加された皆様、ありがとうございました。

今後はしばらく予定はありませんが、また何らかのイベントを開催することがありましたら、こんな風にブログ等でお知らせいたしますので、よろしくお願いいたします。

まずは楽しみながらのうちに、無事終了したことをご報告させていただきます。
ありがとうございました。
「ハトハト占いテント小屋」大盛況御礼
すっかりご挨拶が遅くなりました。
さる3月3日、先日告知させていただいたように、絵描きのはとさんの個展イベント「ハトハト占いテント小屋」で出張リーディングを開催しました。

おかげさまで大盛況。イベント開始から終了まで、ずっとテントの中に座ってリーディングし続けている状態でした。面白かった!

本当に、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
あの楽しい世界で一緒に時間を共有できたこと、嬉しく思います。

ヲルガン座のステージ上に突如現れたテント。
そこにライブペインティングでどんどん立ち上がってくる、はとさんワールドのエネルギー。
それは時間が経つにつれ、いろんな変化がおきてきて、まるで旅のような独特の味わいを感じながらのセッションでした。

私自身はずっとテントの中で座ってたので、視覚のレベルではライブを観ることができなかったわけですが、でもそのエネルギーの変化を背後に感じながらの、とても不思議なフィーリングを楽しめて。

普段の占猫ワールドとは全然違う世界(まるっきりどこまでも、はとさんワールド!)の中でのリーディングは、とっても新鮮でワクワクしました。

まずは取り急ぎ御礼まで。

はとさん、また何か面白いこと思いついたら声かけてね。
いつも、そのアイデアに参加できるのが愉しみです。
東京出張セッション御礼
東京から戻ってきて、ドタバタしてるうちに、あっという間にこんなに時間がたってました。
まだちょっと前、と思うときもあり、ずいぶん昔のように思うときもあり。

今回もたくさんの方々とお会いできて嬉しかったです。
お一人お一人の方との出逢いのひとときが、とても貴重でいとおしく、とても充実した素敵な時間を過ごすことができました。

ある意味、下北沢時代のお客さんと旧交を温めるような面もあって、
なかには「特に今は悩みないけど会いたくなって」という方もいらしてくださったり、
わざわざこの機会のために、長野や栃木など遠方からきてくださったり。

いろんな流れとタイミングの中で、東京に行けて、ご予約いただけて、お会いできて。
この地球上であの時間をその2人で共有できるのは、大袈裟でなく本当に奇跡的だなぁ、といつも感じています。
心からありがとうございます。

そしてセッション会場を提供してくださった、吉祥寺の横丁ギャラリーさん、中目黒のミトラシャンティさん、ありがとうございました。
心地よい空間を、気兼ねなく思う存分楽しめたことに感謝します。

また今回は、中秋の名月の日にオルタードディメンションさんと一緒に、
自然香と瞑想のワークショップが開催できたことも、楽しかったです。

折しも台風が関東直撃!というナイスタイミング(!)な日で、
もちろん状況的にキャンセルになった方も多くいらしたのですが、
「せっかくの機会だし、とりあえず開催! たとえお一人でも、来れる方にきていただければ…」
と思っていたら、予想以上に10人を超える方が集まってくださり。
激しい風音をBGMにしながら、台風の高揚感をスパイスにして、楽しい時間をワクワク過ごせました。

しかも飛び入りで、友人の朋恵ちゃんによるクリスタルボウルの演奏も行われ、盛りだくさんの贅沢なワークショップになったと思います。

そして台風はというと、イベント中は激しかったのですが、終了して後片づけをするうちにどこかへいってしまい、電車も少しづづ動き始め、最後には名月も雲間から顔を出し。
結局やっぱりベストタイミングだったのね、と思った次第。
中秋の名月&台風という地球の贈り物による、とてもエネルギーに満ちた夜をたっぷり堪能させてもらえました。

この台風みたいな予想外のギフトが届いたように、
東京に行くたび、本当にいろんなことが起こります。
そしてそこから、毎回いろんなことを学んでいるように思います。
今回もいろんな「予想外」が起きて、ビックリしたり慌てたり喜んだりとまどったり…。
さらに起きてくるあらゆることが、今の私に必要だと納得できる。
おかげさまで、今回も気づいてなかった新しい自分を発見できました。

まあ発見はいろいろあるのですが、ざっくりまとめるとしたら、
私の中での「感謝」と「信頼」の領域がまた少し深まったように感じています。
それによって東京出張する前より、日々を生きることも、セッションの時間を過ごすことも、喜びがよりいっそう深くなったような。
私にとって、東京出張はいろんな発見に満ちた時間になっています。

でも、こんな素晴らしい経験ができるのも、東京出張セッションに応じて来てくださる方がいらっしゃるからこそ(普通の旅だとちょっと違う感じだと思うのです)。

何度も繰り返すようですが、本当にありがとうございます。
なぜか不思議なご縁がつながって、こうしてお会いできる奇跡の魔法にいつもビックリします。
あの一瞬の素晴らしさに胸がキュウってなります。感謝します。

またもしも奇跡の魔法によって、どこかで東京に行く流れになったら、
ぜひお会いしましょう。
今回お会いできなかった方も次回はぜひ(今回も数年ぶりに再会した方が多かったな〜)。

というわけで。
またいつか東京でお会いできるのを楽しみにしています。
まずは遅くなりましたが、出張セッションの喜びを、感謝をこめて御礼まで。
「タロット瞑想とシタールの夕べ」御礼
さる9月13日、ふらんす座さんにて
「タロット瞑想とシタールの夕べ」というイベントを開催しました。
おかげさまで大々盛況!で、たくさんの方々と楽しい充実した時間を過ごすことができました。
今回は、ふらんす座さんの主催ということもあり、
いつもと違って、シタールの演奏も聴けるというゴージャスな企画でした。

以前から「シタールの生音をBGMに瞑想したら、すごいだろうなあ」
などと夢想していた私。
それが実現し、皆さんとシェアできたのが夢のようです。
実際、瞑想はすっごく気持ちよかったです!
個人的にはもっとずっと、そのまま瞑想して座っていたい…とか思ってました(笑)。

佐久間泰三さんによるシタールの演奏は、
瞑想のときには、浮遊感と深みのある響きで、より内面に向かいやすい環境を整えていただき、
最後のライブのときには、短い時間ながらシタールの奥深さ幅広さ、その音楽性はもちろん、楽器としての魅力も十分に伝わる素晴らしい演奏を聞かせてくださいました。

お客さんも、シタールに初めて出会った人も多く、また知っていても生音では体験したことのない方がほとんどで、興味深い時間だったと思います。

また、瞑想後、心を鎮めてからのライブだったので、ふだん音楽を聴くときとは少し違う感じで聴いていたかもしれません。

佐久間さんからも、
「普段のライブのときの感じとは違う雰囲気だったので、僕も自分に向き合って、いつも以上に丁寧に演奏させてもらえたと思います」
という感じの、嬉しいご感想をくださいました。

そんなわけで、いつもと違う刺激をたくさんいただいて、新鮮な世界を体験できたように思います。
この体験を次の体験に活かしていけると楽しそう。

この新しい試みに参加していただいた皆さん、ありがとうございました。
ご縁あって貴重な時間を一緒に過ごせたこと、本当に嬉しく思っています。

今回はご参加いただけなかった方々も、
タロット瞑想のワークショップは、またご縁があれば開催すると思います。
そのときはぜひ一緒に遊びましょう。

まずは遅くなりましたが、今回の素敵な時間に御礼申し上げたく。
ありがとうございました。
はとさん個展イベント御礼
先日、告知させていただいたように、はとさんの個展にてタロットの出張セッションを開催しました。
平日にもかかわらず、開店直後から個展もセッションも大盛況。
お客さんが途切れることなく、結局、時間延長で閉店時間も遅らせてもらったほどです。

ご来訪くださった皆様、本当にありがとうございます。
たくさんのご縁をいただきました。
今回のイベント告知で興味をもっていただいた方、いつもお店にきてくださる常連さん、個展を見てたら気になってとびこみで参加された方…。
おかげさまで楽しい時間を過ごせました。

はとさんのほっこりした作品達にかこまれた、あったかい空間。
アンティークなミシン台をテーブルにして行ったリーディングは、
普段とはひと味ちがう刺激とワクワクがありました。

「占猫」という、気心しれたくつろげるホームも大好きだけど、
こうして違う場所や世界でセッションするのも新鮮で、何だかリフレッシュしたような気がします。
まるで旅先でリーディングしてるような。

贅沢をいうと、久しぶりにお会いしたはとさんと、
もう少しゆっくりお話したかったな〜というのはありますが(笑)。
はとさんも、たくさんのお客さんがいらして多忙だったので、
まあまたいつか、こんな風にタイミングが合えば何かでご一緒させてもらって、次回を楽しみにしようと思いました。

はとさん、ありがとうございました。
またおもしろいことがあれば、ぜひ遊びましょう。
今回来れなかった方も、次回何かあるとき一緒に遊びましょうね。
そのときを楽しみにしています。

まずは取り急ぎ御礼まで。
素敵な時間を、どうもありがとう。
タロット瞑想ワークショップ御礼
あれ、もしかして「ことほぎ日記」では、これが今年初の日記かな?
遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
喜びと成長のなかで充実した時間を過ごせますよう。

そして、今日は先日おこなったワークショップの御礼です。

少し前になりますが(時間がたつのが早い!)、
今月22日(日)に、癒しイベント「プラティヤヤ」にてタロット瞑想のワークショップを開催しました。
おかげさまで盛況のうちに無事終了しました。
たくさんの方々にご参加いただきありがとうございました。
また今回の開催をご提案いただき、全面的にご協力くださったプラティヤヤのスタッフの皆様、本当にありがとうございました。

前回の七夕以来、久しぶりの開催で、とても楽しかったです。

このワークショップ、何かに呼ばれたようなときに、流れのなかで気まぐれにやってます。
毎回やることは同じなのですが、そこに集まる方々や空間次第でまったく違う何かが生まれるので、いつも新しい体験や発見があって、貴重な時間をいただいてます。
お客さんもリピーターの方が結構いらっしゃいますが、どうやら同じように感じてるくださってるのかなあと思います。それも嬉しい。
みんなであの素敵な経験を共有できて、感謝です。

この年始めに瞑想することで、それぞれの物語がまた始まるような。
そんな感じを受けました。
折しも翌日23日は旧正月。大晦日気分も味わえて。
いろいろな面から、自分の内側を眺められたように思いました。

あ。旧正月だから文頭の「あけましておめでとう」もけっこういいタイミングかな(笑)。

とか、私の感想ばかり書きつらねましたが、まずは取り急ぎ御礼まで。

次にいつやるのかは、まったくの未定ですが、きっとタイミングがくれば開催すると思います。
そのときにはまたご参加お待ちしています。
これまでに参加された方も、まだの方も。
次回お会いできるのを楽しみにしてますね!
東京出張セッション御礼
広島に戻って、しばらく慌ただしくしているうちに、あっという間にこんなに時間がたってました。月日の過ぎるのは早いですね。

そう、東京出張セッション、本当にありがとうございました。

会場にさせていただいた、吉祥寺のメロウカフェさん。
久しぶりにお会いしたリーディングの常連さん、カレタロカフェのお客さん。
また今回はじめてご縁が繋がってお会いできた方々。

たくさんの人と出逢えて、エネルギーを交わせて。
ひさびさな東京の空気感の中、新鮮な流れを感じることができました。
自分の中では、新しい気づきや発見もあり、そっか!と思うこともいろいろ。

一年ぶりなのもあって「これ以上詰められません〜」というくらい、朝から晩までぎゅうぎゅうのスケジュールだったので、果たして大丈夫なのか?とか、行く前は思ってましたが、
実際にフタを開けてみれば、盛りだくさんの満漢全席、お腹いっぱい〜!に大満足。
おかげさまで滞在中ずっと楽しく、喜びとワクワクに充ちた時間を体験させていただきました。

短い期間だったので、せっかくご連絡いただいたのに会えなかった方もいらっしゃいました。うまくスケジュールがあわなくてごめんなさい。
でもそれはきっと、次回お会いする予定なのではないかと思ってます。

今回の東京行きは、大好きなメロウカフェさんが10月末に閉店されると知り、急遽行くことを決めました。
個人的には、あの素敵な空間がなくなるのは本当に残念なのですが、期間中ずっとメロウカフェで寛いでたっぷり堪能したら、これが自然な流れなのだなあと感じることができました(また鹿児島に移転されても、何らかの形で素敵な空間を創ってくださるのだと思います)。

なので私も、今のところ次回の東京出張は未定ですが、きっと今回みたいに行くタイミングの時には自然に流れる気がしています。
いまのフィーリング的には年1回ペースでしょうか。
とか言いつつも、何らかの形で流れに呼ばれたら、スグにでも行かせてくださいね。

本当に隅からすみまで充ち充ちた、とても嬉しい時間でした。
久しぶりであり、短い時間だったけれど、そのぶん出逢いのありがたさや慶びも際立って味わえた気がします。

また次回お会いできるのを心より楽しみにしてますね!

Back to Top▲